栃木県宇都宮市を中心に宅地分譲地の販売・土地の仲介・土地買取を行っております。

お問い合わせ電話番号
分譲地資料請求/お問い合わせ

土地探しのアドバイス

いろいろ知っておこう!土地の事

そもそも分譲地って何

そもそも分譲地って何 分譲地とは、分譲会社が地主様から一体の土地を購入し、上下水道・道路・電柱などの生活インフラを整備し、建物を建てやすい土地の形状に区分けし、販売する土地のことです。

なお、新規分譲地を造成するには、行政より許可が必要です。
許可だけではなく完成後も検査を要するので、お客様にとって安全・安心な生活を保障します。

分譲地内の道路や上下水道をしっかりと整備することで、お客様がその分譲地に家を建てやすい環境づくりをします。

【 ゴミステーション/電柱 】
 造成時より位置が決まっているので、後々設置位置等でもめ事になりにくい。
【 道路 】
 分譲地内の道路は必ず地方公共団体に帰属になるので、将来にわたって破損等があっても心配はありません。
【 境界 】
 区画の境界は必ず境界杭・境界プレート等で明示され、測量図は登記してあるので、境界での問題は起きません。
【 上下水道 】
 ほとんどの場合上下水道が敷地内まで引き込んでありますので、費用面の負担が少ないです。
【 近隣関係 】
 購入される方は年齢・家族構成も近く、同じ時期に入居されますので、近所付き合いも入りやすく、友達もできやすいです。

建築条件って何

建築条件って何
分譲地といっても、県内には数えきれないほどの分譲宅地の件数があります。
しかし、物件によっては建物メーカーが販売するものや、建物メーカーと提携して販売しているケースがある土地もございます。
その場合、たとえ条件の良い土地であったとしても、いざ建物の提案にとりかかった場合、建物の仕様や価格の面で、希望に沿った住まいづくりができないことがあります。

「どうしても自分の気に入った家を建てたい!」
「いろいろなメーカー・工務店で建物を比較して選びたい!」

無限開発の分譲地はすべて建築条件無しの分譲地です。そのため建物に関してはすべてお客様がお選び頂けます。
建物メーカー・工務店についてのご相談も承っております。

土地と建物、どちらを先に決めた方がいいの

建物は、土地の形状・大きさ・道路の付き方によって大きさ・玄関の位置・窓の位置などを決めた方がいいのです。
建物の価格が先に決まってしまうと、自分の総予算(土地+建物+諸費用+インテリア)の中で土地の価格が限定されてしまい希望のエリア・広さの土地を購入できなくなってしまうのです。

例えば総予算が3,000万円、計画している建物が2,000万円の場合、土地にかけられる金額は1,000万円が上限となってしまいます。

土地と建物、どちらを先に決めた方がいいの
土地と建物、どちらを先に決めた方がいいの

もし自分にとって条件が良く、どうしても欲しい土地が出てきた際に、価格がオーバーしていたり、接道方向が限られている場合、予定と同じ間取り・プランでは購入が難しくなります。

そうなれば、再度間取りを考え直さなければならず、場合によってはメーカーも検討しなおさなければなりません。

土地とは一点ものであり、同じものは作り出せません!
土地をベースにした住まいづくりこそが希望の住まいへの近道となります。

土地はどのようにして販売されているの

土地はどのようにして販売されているの 無限開発は地方公共団体から開発許可を受けています。
【 1. 土地取得 】
土地の所有者から一体の土地を購入します。
【 2. 開発許可 】
分譲予定地の属する地方公共団体に分譲内容を届け出て、「開発許可証」を取得します。道路、上下水、区画割り、町づくりの計画に抵触しないなど一定の基準を満たさなければ、許可されません。
【 3. 造成工事 】
許可された計画に基づき造成工事を行います。
都市ガスに関しては区域内であれば積極的に宅地内に入れるように造ります。
最後に、「地質調査」を実施。地層・地耐力を把握し、安心をお届けします。
【 4. 完了検査 】
造成工事が終わった分譲地が、計画に沿って適切に造成されているかどうかを検査します。検査後に「検査済証」を交付され、建物の建築が可能となります。
【 5. 販売 】
許可、造成、検査を経て、宅地の販売を開始いたします。

「地盤補強で費用がかかる」と聞くことがあるけど

「地盤補強で費用がかかる」と聞くことがあるけど 地盤補強が必要かどうかは、実際にその土地で地盤調査をしなければわかりません。

そのため、無限開発は、造成分譲販売会社として、スウェ-デン式サウンディング試験を採用し、お客様に安心をお届けするため、全現場で地質調査を実施しています。

スウェーデン式サウンディング試験は1917年頃にスウェ-デンの国有鉄道により不良路盤の実態調査に採用され、 その後、スカンジナビア諸国に普及しました。
日本では1954年頃、建設省により堤防の地盤調査に採用、 1976年に日本工業規格に制定され、2002年に更新(JIS A 1221:2002)されています。

この調査を行うことで、地耐力の数値を知ることができます。
予定建築物によっては、地盤補強が必要な場合がありますが、事前に把握することによって、資金繰りに組み込んでいくことが出来、資金計画も狂いません。

なお、地盤の影響を受ける建物の基礎部分は、メーカーによって仕様が異なるため、地盤補強が必要なメーカーと、そうでないメーカーがございます。
また建物の配置に沿った地盤調査が改めて必要になることもございます。
建物を検討されるメーカー・工務店へご確認ください。

現場を知り尽くしたプロがお答えします

土地を購入するとき、気を付ける点はどんな点ですか?
まずは、周辺環境ですね。
近所にどんな方が住んでいるか、小学校・中学校までの距離はどれくらいか、買い物や交通の利便性はどうかなどは気にされると良いと思います。

又、その土地に上下水道は引きこまれているのか、道路の幅はどれくらいで公道なのか私道なのか、土地面積は表示と同じか、建築条件などの条件はあるのかなどを注意しておくと良いでしょう。
他にも、土地の地質や耐力を先に知ることができるかも大切ですね。
後で土地代金の他に費用がどのくらい必要になるかを知るためにも・・・。
大手メーカー以外とも建物を比較してみたい!地元業者を紹介してくれるの?
当社は地元密着の業者ですから、地元に根付いた信頼できる業者さんを紹介することが可能です。
大手さんの良い所、地元業者さんの良い所などを比較して頂き、お客様の考える理想の建物イメージや工法 (洋風、和風、在来工法、2×4工法など) や建物希望価格をお気軽に御相談下さい。
ご希望にあった業者さんをピックアップしてご紹介いたします。もちろん、資金シュミレーション・銀行紹介及び住宅ローン手続きもお手伝い致します。
物件を悩んでいて決められません!直観や衝動的に決めてもよいのですか?
それで良いのです。
自分が永住する為の土地購入は大変な作業です。
ですが、ご購入されたほとんどの方々が短期間で決められています。
物件を見た時のご自分のインスピレーションを信じてください。
そこに立ったときに『住んでみたい!』と思えるかどうかが大切です。
ご家族の笑顔のためのものですから!
分譲地の造成が終わったばかりなのに、予約が埋まっているのはなぜ?
分譲地は当社だけに限らず、関係官庁との打ち合わせ、開発許可、造成工事と現場完成までに数か月かかります。
その間、当社へ以前からお名前・ご連絡先等をご登録されているお客様へ事前に『こんなところで分譲地を作りますよ!』とご案内させて頂いております。
そのため、分譲地が完成する前にご予約をするお客様がいらっしゃるのです。

もちろん、個人情報保護のもと、ご登録されたお名前・ご連絡先は社外には漏らしません。ご安心ください。
是非、この機会に当社へご登録をお願いします。
もしかしたら、お客様のご希望されているエリア等の物件が当社の予定物件にあるかもしれません。
土地と建物の購入を一緒に考えてるので、トータルでの資金借り入れを相談できるの?
はい、できます。
また、
・過去、銀行に借り入れを申し込んだがダメだった・・・
・車のローンや他のローンが残っているから・・・
・自己資金が少なくて用意できない・・・
・自営業、及び派遣社員、又は転職したばかりで...
等の理由によりマイホーム購入は無理だと考えているお客様も当社の専門スタッフが親身になってご相談に乗らせて頂きます。
ご気軽にご相談下さい。もちろん秘密厳守です。

土地を買う。それは最初の大きな一歩。

「土地の購入」それは人生においても大きなお買い物。
お客様が後悔しない為に。

建築条件なし
上下水道完備
道路は公道
全分譲地地質調査を実施
社員全員が宅地建物取引士の有資格者

建築条件なし

販売する土地に、建物指定・建築期限等の条件がありません。
好きな建物・工法を自由に選んで好きな時期に建てることができます。

上下水道完備

ほとんどの場合、上下水道が敷地内まで引き込んでありますので、費用面の負担が少なくてすみます。

道路は公道

分譲地内の道路は必ず地方公共団体に帰属になります。
建築の際の許可、また将来にわたって破損等があっても心配がありません。

全分譲地地質調査を実施

分譲地全体の地層・地耐力を把握し、お客様に安心してご購入していただけるよう、地質の調査を実施してます。

社員全員が宅地建物取引士の有資格者

当社では不動産コンサルティングマスター・2級建築士の有資格者も在中しています。
不動産に関することなら、どんなことでもお気軽にご相談下さい。

このページのトップへ